精神的な病はストレスにありけり【脳の炎症と短期記憶障害】

サイトメニュー

年齢を問わずかかる可能性

病院

うつ症状のひとつの場合も

日常のちょっとした物忘れを起こすことは誰にでもありますが、頻繁に大切な約束をすっかり忘れてしまったり、仕事や人間関係に影響を及ぼすようになってきたりしたら注意が必要です。これらの物忘れの症状の頻度が高い場合には、短期記憶障害が疑われます。ストレスを常日頃感じているけれど我慢して過ごしているという場合には、うつ病の症状として短期記憶障害が起こることもあります。必要な持ち物を忘れることが増えたり、待ち合わせをしたこと自体忘れたりするなどの症状が日常的に増えれば、仕事や学校での生活にも影響を及ぼします。一般的には老化とともに健忘の症状があらわれますが、短期記憶障害は年齢とは関係なくあらわれる症状なので注意が必要です。ただ単に物忘れが多いだけと捉えずに、ストレスを我慢する生活を送っていないかチェックすることが重要です。さらに症状が進むと、知り合いの名前や顔を忘れてしまう状態にまでなることもあります。また、自分が短期記憶障害であるかを確認する方法として、新しい記憶を覚えているかがポイントとなります。長い期間に渡り記憶していることは覚えているが、新しい物事は記憶できないという場合には病院で診察を受けておくと安心です。治療期間中は、すぐに治るわけではないのでメモなどを活用して日常生活を送りやすくする必要があります。自分自身が普段から何をストレスであると感じているかを検討して、負担に感じることはやめることも有効です。医師と相談のうえアドバイスに従いながら、ストレス解消方法を工夫していくと良いでしょう。病状を調べるためにきちんとカウンセリングを行なって、医師から適切な病気の治療方法を教えてもらうことはとても重要です。特に、短期記憶障害はストレスによるうつ病以外にも、事故による影響であったり老化によるものであったり原因は様々です。その中でも、うつ病が原因の場合の短期記憶障害を改善させるには、抗うつ剤などを処方してもらい治療する方法が有効とされています。もちろん、日常のストレスを解消することも大切ですが、症状が酷くなるのを防ぐためには薬による対処が重要です。不眠症を併発してしまうと眠れない期間に体調を崩しやすくなり、別の身体的な病気になることもあります。これらの症状をあらかじめ防ぐためにも病院に通院して治療を行うのが安心です。しっかりと眠れるようになることで、ストレスが緩和して自然と短期記憶障害の症状も改善されることがあります。心療内科では漢方薬を使用して治療を行なっているところも増えており、物忘れに効く漢方を処方してもらうことも出来ます。脳の働きを助ける効果のある漢方を使うことで、脳にかかる負担を減らすことが可能です。医師の診断を受けることで他の薬と併用して使えるようになり、身体に負担がないように処方をしてもらえるでしょう。また、治療期間中は周囲の人の理解が大切となりますが、家族も一緒にカウンセリングに付き添って医師のアドバイスを貰えると安心です。患者本人も家族も病気のせいでストレスを感じないように、心構えや接し方を覚えておくことが重要となります。これらの対処法を教えてもらえることも、専門の病院に通院する治療法が良いとされる理由です。

Copyright© 2019 精神的な病はストレスにありけり【脳の炎症と短期記憶障害】 All Rights Reserved.